最近よく聞く「コーポレート・コミュニケーション(CC)って何?

最近よく聞く「コーポレート・コミュニケーション(CC)って何?

こんにちは!編集部のオガタです。

みなさんコーポレート・コミュニケーション(CC)ってご存知ですか?
最近よく聞くようになってきたので、調べてみました。

コーポレート・コミュニケーション(CC)とは

コーポレート・コミュニケーション(Corporate Communication)は、そのまま訳そうとすると「会社の伝達」ですよね。

インターネットで調べてみると

企業全体を社会や消費者に認識してもらい、マーケティング上の戦略にしようというもの。(中略)CC活動は、企業の広報活動や企業広告を中心に、工場開放、文化的行事、地域社会への貢献、エコロジーへの取り組みなどといった形で実践されている。
出展元:https://www.weblio.jp/content/corporate+communication

とあります。
また、

企業が公衆に企業の理念、活動内容、情報を伝達する活動。PR、広報、広告、IR、コミュニティ・リレーションズなどが含まれる。企業活動への支持・理解を得て、企業活動を円滑に推進する役割をもつ。
出展元:https://www.weblio.jp/content/corporate+communication

ともあります。

なんとなく、広報よりももっと大枠にあるもののようですね。

また、「コミュニケーション」と付くので、双方向でのやりとりを図るということですね。広報も「社会との良好な関係を構築する活動全般のこと」なので、とても似ています。

1-3. ステークホルダーと八方善し
1-3. ステークホルダーと八方善し

広報をわかりやすい言い方にした?

広告と広報の違いの記事にも書かれていますが、「広報」とは、とても「広報」という漢字からは想像できない意味がついています。もしかするとそれを分かりやすくする為に、コーポレート・コミュニケーション(CC)という言葉が出てきたのかもしれませんね。

1-2. 広告と広報の違い
1-2. 広告と広報の違い

まとめ

横文字の用語が増える度に混乱してしまう私ですが、今回のコーポレート・コミュニケーション(CC)は比較的想像通りの意味でした。今は顔を合わさずとも気軽にコミュニケーションが取れる時代ですが、顔を合わさない分、表現や方法は非常に重要になってきます。丁寧なコミュニケーションを心がけましょう!