1-2. 広告と広報の違い

1-2. 広告と広報の違い

さて突然ですが、あなたは「広告」と「広報」という言葉の意味の違いを明確に答えることはできますか? 控えめに言って90%以上の人が説明できないと思います。この2つの言葉の意味の違いをしっかり理解することで、あなたの会社の「ブランディング」が初めて始動することになります。
※「ブランディング」とはなんなのか、PR革命ではどのように定義するかについては次の記事で説明しますね。

結論からいうと、「広告」と「広報」は全く意味が違います!大切なことなのでもう一度いいますね(笑)「広告」と「広報」は全く意味が違います!完全に別物です!これを理解することであなたは、あなたの周りの会社上位10%に入ることができますし、真の意味での「ブランディング」を実現し、その結果、もちろん売上も含めて長期的に飛躍することが可能となります。

それでは早速いってみましょう!

広告と広報の違い

まずはこちらの図をご覧ください。

いかがでしょうか?これを見ると全く別物だということがわかりますね。

広告とは、お金で媒体を買って、自分達の好きな内容を発信すること。目的は「モノを売ること」。であるのに対し、広報とは、メディアや関係者に情報を提供し、無償で取材を受け、発信されること。メディアが発信する目的は「社会にとって価値ある情報を発信すること」です。

勘のいいかたならもうこの時点でおわかりかと思います。そうなんです。ほとんどの中小企業は「広報」を実践する術を知りません。また術を知らないどころか「広報」という概念すら認識していないのが現状だと思います。今日までのあなたと同様に。

Point
「広告」という概念に対して「広報」という概念が存在することを理解し、そして「広報」を行う術を身につけることで、メディアから取材を受けることは十分に可能。

また非常にややこしいのですが、上で「広報」とは「広告」と異なり、無償でメディアの取材を獲得できる手法だと説明しましたが、この場合の「広報」は狭義の「広報」です。この場合は「パブリシティ」とも呼ばれます。英語のPublicityの意味としては「広く知ってもらうこと」ですが、広報用語としての「パブリシティ」は、「企業や団体が自社のニュースをマスコミに売り込んで、メディアで報道されること」という意味になります。主に広告と区別して使う場合に用います。取材獲得を専門とする広報代理店(PRエージェンシーなどともいいます)はよく「パブ屋」などと呼ばれます。パブリシティ屋さんの略ですね。

それに対し、広義の「広報」では「社会との良好な関係を構築する活動全般」というような意味になります。これをパブリック・リレーションズと呼びます。そしてPRとはPublic Relations(パブリック・リレーションズ)の略です。このPRがまた話を複雑にしています(涙)

「自己ピーアール」という言葉はおかしい!

「ピーアール」という言葉は、ほとんどの人が例えば「自己ピーアール」というような使い方をしていると思います。これ、実は相当おかしな使い方だということがおわかりいただけますでしょうか?本来の意味を考えると、自己「アピール」が正確な表現ですね。悲しいかな、このように日本におけるカタカナ英語の「ピーアール」の意味はほとんど「アピール」として使われているのが現状です。そして「アピール」=訴求することですから、さらに広告と混同されてしまう要因になっています(涙)
ですがここまでの文章をきちんと読んでくださったあなたならきっと理解していただけたはずです。念のためにまとめると…

まとめ
広告…お金で媒体を買ってモノを売るために情報発信をすること。
↑↓
狭義の広報(パブリシティ)…メディアに情報提供することで無償で取材を受け、社会的価値を持つ情報が拡散されること。
↑↓
広義の広報(パブリック・リレーションズ=PR)…社会との良好な関係を構築する活動全般のこと。

※日本ではPRが「アピール(訴求)」の意味で誤用されている。

PR革命の意味

PR革命という言葉には「PRや広報という言葉が持つ意味を再認識し、本来の意味におけるPR文化を日本全国に広めよう」という意味も込められています。また最近ではPRという言葉が正しく認識されず誤解を招くということで、代わりにコーポレート・コミュニケーションズ(CC)と表現する企業も増えています。本来の意味を考えると腑に落ちる表現ですね!

いかがだったでしょうか?この記事では「広告」と「広報」の意味の違い、そして広報の狭義と広義の意味、さらにはPRと「アピール」が混同してしまったことなどをお話しました。これでは日本に本来の意味におけるPRが普及しないのも無理はありませんね。。。ですがあなたはもうこれで大丈夫なはずです!

次の記事では、広報やPRについて、さらに深く具体的にどう取り組めばいいのかをお話したいと思います。それではまた次回もお楽しみに!