2-2. メディアリスト

2-2. メディアリスト

ファクトブックも作ったし、いよいよこれからプレスリリースするぞ!」というかた、ちょっと待ってください。それ、どこに送るか決めていますか?

「え、プレスリリースってたくさんのメディアに一斉送信したら、興味あるメディアが勝手に見つけて取材してくれるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それはちょっとした勘違いです!ご経験のあるかたは分かると思いますが、「プレスリリースをしたら取材依頼が来る」というのは実際なかなか難しいことです。

今回は、プレスリリースの前に準備しておくべきメディアリストについてご紹介したいと思います。

メディアリストとは?

メディアリストとは、自社の商品やサービスに興味を持ってくれる可能性があるメディア関係者の連絡先のリストのことです。では、なぜこのリストが必要なのか。それを説明したいと思います。

そもそも、プレスリリースを出す時に不特定多数への送信をするのは効率が悪くなってしまいます。プレスリリースは、「100件送ったとして、3件反応があれば上出来」と言われています。そうです。そう簡単には取材依頼は来ません。特に中小企業ですと、よほどニュース性の高いものでないとメディアの目に数秒も留まることなく、ゴミ箱行きになってしまうことも多くあるのが現実です。

そこで、少しでも取材依頼率を上げる為に、業界の専門メディアにアプローチをかけていくことが有効です。そのツールとしてメディアリストがあります。これはどこかで手に入るものではなく、自分で作るものです。

メディアリストとは
「自社の、自社による、自社の為の、業界メディア連絡先リスト」です。

メディアリストは、どう活用するの?

プレスリリースを送る前に、「このメディア(もしくは記者)は○○業界に興味がある」ということが分かっていることが重要になります。メディアリストを作るのにまず最初にすることは、その分野を担当しているマスコミの関係者を探すところから始めましょう。

たとえば、日頃から各媒体で自社の業界に関係のありそうな記事を読み、記者の名前があったらそれを控えておきましょう。そして、その専門メディアの記者宛に電話をかけ、記事に取り上げてもらえないか聞いてみましょう。また、その際に記者の必要な情報は聞いておきましょう。

具体的に必要な情報としては、

  • メディア名
  • 担当者名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • FAX番号
があるといいでしょう。
ポイント
これらは全てエクセルなどの表にしておくと管理しやすくなります。

こうして、地道に自社のためのメディアリストを作成していくことが、取材依頼への近道となります。

メディアリストを活用する理由
プレスリリースで重要なのは「誰に情報提供するか」です。媒体選びをしっかりしましょう。

まとめ

いかがでしたでか?
メディアリストは、自社との良いパートナーを見つけるための大切なリストです。専門業界メディアで一度取材を受けると、その専門業界の他のメディアからも取材依頼が来やすくなる傾向にあるため、業界内での企業の認知度も高まる効果が期待できます。

ぜひ、この機会にさっそく自社のためのメディアリストを作っていきましょう!